カリキュラム

龍神庄内流のカリキュラムは、2006年からファーストソーク川端玄武先生と第二世代の矢萩邦康の指導の下にあります。

カリキュラムには、kata、kumitachi(とboguの練習)とtameshigiriが含まれています。練習をすると、これらのテクニックを十分に理解することができます。

柳心照智流では、「素振り」「居合」「木刀術」「試し斬り」「無刀取り」等の稽古によって体力を鍛え、不動心を会得し、物事に対する適正な判断力・決断力を持った誠の人を養成します。

((素振り))

Ⅰ.立会の素振り 

真っ向斬り      

(1)下までの素振り

(2)へそまでの斬り下ろし①

(3)へそまでの斬り下ろし②

「中庸(CYUYO) 陽(YO)の動き・「陽極(YOKYOKU) 陰(IN)の斬り

トンボからのけさ斬り

   「中庸(CYUYO) 陽(YO)の動き・「陽極(YOKYOKU) 陰(IN)の斬り  中庸の斬り終わり

Ⅱ.居合の素振り 

天空の太刀 「真」

天空の太刀 「行」

   「中庸(CYUYO) 陰(IN)の動き・「陰極(INKYOKU) 陽(YO)の斬

   刀を抜く動作が斬るための準備になっている

けさ斬り(KESAGIRI)から胴斬り(DOGIRI)

   「中庸」陽の動き・「陽極」陰のけさ斬り手の返し「陰極」ループ陽の胴斬り

天空の太刀 「草」

1.正しい呼吸法で行う

2.正しい陰陽の動きで行う

3.丹田を良い状態に保つ

4.無心で行う

型(型または形は文字通り「形」)は、ソロまたはペアで練習された動きの詳細な振り付けパターンを記述した日本語の単語です。それぞれは異なる戦闘シナリオを演出するように設計されています。カタは、歌舞伎や茶道の劇場など、多くの伝統的な日本の芸術で使用されていますが、武道の存在として最も一般的に知られています。アイアドでは、基本的なコンセプトは、あなたの想像上の相手を視覚化し、それらを倒すことです。

組太刀:くみたち

私たちはカタで隠された実際の剣の技法を実践することができるペアの練習(2人のフォーム)です。典型的には、これらの形式は、bokutōを使用して実行されます。しかし、それはまた、響や新神で高いレベルで練習されています。したがって、Kumitachiは、スタンドアロンのカタ・プラクティスとパートナー・インタラクティブ・フォームの間のギャップを視覚化して橋渡しすることができるため、真面目なIaido開業医にとって本当のプラスです。 Kumitachiは、理解できない概念の知識を深め、豊かにすることを可能にしながら、Kasso teki(目に見えない相手)としか仕事をしません: – Maai(間合い)距離/タイミング – Seme / Ki seme – Zanshin – Metsuke

試し斬り

試し斬り(試し切り、試斬、試切)は、日本の目標試練です。この習慣は、江戸時代(17世紀)に剣の品質をテストするために普及し、現在まで続いています。この練習は、常に安全性を確保するために非常に厳密な監督下で行われます。ターゲットは、通常、浸漬された圧延された竹のマットで構成されています。時には生の竹の部分も使うことがあります。