矢作訓一 二代宗家

矢作訓一師は、1948年、東京都葛飾区出身。

幼少時、ご祖父の家で2組の竹胴の剣道具を発見して剣道に興味を覚える。

10歳の時、小学校に剣道部が創設されたので入部する。

12歳の時、柔道に興味を持ち地元の柔道場に入門し剣道に並行して修業を開始する。

30歳の時、河端師の当時の道場である、NCR(日本財団ビル)道場に入門し天眞正自源流を修業する。

30年の稽古を重ねて国際武道院より古武道範士8段を允可され河端師を引き継いで国際武道院の理事に就任する。

2008年に柳心照智流宗家を継ぐ。

矢作師は剣道の修業も継続しており全日本剣道連盟の剣道教士7段を許されている。

矢作師は剣道の修業には、「柳心照智流の技術・心構えを応用することが大切である」と考え、当流の「断ち斬る」理法が不可欠と考えている。

剣道は、当流の稽古の最終段階であると考えている。

2005年より毎年アメリカその他の海外支部に出張し海外会員と直接稽古を行っている。